茨城県地域情報紙「常陽リビング」
茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年3月) > 「サイエンス・キッズ」新会員募集
印刷表示
2017年3月1日(水)

「サイエンス・キッズ」新会員募集

小学生向け科学体験教室

元筑波大学教授・芳賀和夫さんが主宰する小中学生の科学体験教室「サイエンス・キッズ」が、2017年度の新会員を募集している。

「サイエンス・キッズ」は、知的好奇心を刺激して不思議の発見や謎を解こうとする習慣を身に付けてもらおうと1999年にスタートし、これまでに1900人を超える子どもたちが参加。

活動は月2回程度で、土・日曜・祝日を利用。1回の活動は2時間半。夏には宿泊観察会も実施する。指導は芳賀さんや協力機関の専門家が行い、筑波大の学生・院生が補助を務める。

場所は筑波大学や霞ケ浦環境科学センター、野外活動や見学活動は県内各地で行い、いずれも現地集合・解散。対象は小学生・中学生。参加費は一人1回諸経費として1000円〜1500円程度。定員40人。

希望者ははがき、ファクス、メールのいずれかに住所、親の氏名を明記して募集案内を請求する(3月31日(金)締め切り)。

請求先〒305-0033つくば市東新井16-2-514 芳賀サイエンスラボ
Fax 029(863)3032

■問い合わせ
Tel 029(863)3033/芳賀さん

■ Mail

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2017-03-01 08:30:27 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-05-26更新 ]
  1. 男子バスケットボール・Bリーグ2部の茨城ロボッツでは、選手を応援するチアリーダー「RDT」の来シーズンのメンバーオーディションを6月11日(日)午後水戸市内で行う。
  2. つくばクレオスクエアQ′t3階の県内最大級アウトドア&スポーツブランド専門店ゾーン「アクティブアウトドアタウン」では、3周年誕生祭を5月27日(土)〜6月18日(日)まで開催する。
  3. 約300万本のポピーやキンセンカが咲き誇る小貝川フラワーフェスティバルが、5月28日(日)下妻市の小貝川ふれあい公園で開かれる。
  4. 筑波山のパワースポット巡りが、6月10日(土)と24日(土)に行われる。
  5. ホリエモンこと堀江貴文さんとがんについて学ぶ「市民公開講座@つくば」が、5月21日(日)午後1時からつくば国際会議場で開かれる。
  6. 約50万本のポピーが咲き誇る「花とふれあいまつり」が、5月21日(日)下妻市の鬼怒フラワーラインで開かれる。
  7. 親子で楽しめる「取手ゆめみ野ナチュラルフェスタ」が、5月28日(日)関東鉄道常総線ゆめみ野駅前特設会場で行われる。
  8. 牛久愛和総合病院では、恒例の健康まつりを5月28日(日)に開催する。
  9. 先日オープンした屋根付き多目的広場「Waiwaiドームしもつま」のオープンを記念したマルシェ「春の女子会」が5月21日(日)に開かれる。
  10. 常陽観光では、霞ケ浦最大の高速客船ジェットホイルつくば号で行く「潮来あやめ祭り定期船コース」を、6月3日(土)から計11回実施する。
注目の記事
  1. 各地の図書館などで定期開催されている0〜2歳児対象の「お話し会」が人気を集めている。気軽な外出先であると共に、子育てのヒントや絵本を介し子どもとの向き合い方も学べる図書館。司書らは「子育てに疲れたらいつでも遊びに来て」と積極的な参加を呼び掛けている。
  2. 日本では飛鳥時代の頃から記録が残り、明治時代に最盛期を迎えた養蜂。レンゲや菜の花畑の減少に加え輸入品の台頭で国内の生産量は減少しているが、「守谷みつばち夢プロジェクト」では30代から60代の市民ら20人が集まり、せわしなく働くミツバチを楽しく育て、「自然環境の指標」ともいわれるミツバチが教える地域環境の変化に耳を澄ませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 聞こえの相談会
  2. チアリーダー募集
  3. 6月10日と24日、筑波山パワースポット巡り参加者募集中
  4. アウトドア&スポーツブランドなど6社出店
  5. 客船クルーズ説明会
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー