茨城県地域情報紙「常陽リビング」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年3月) > 「サイエンス・キッズ」新会員募集
印刷表示
2017年3月1日(水)

「サイエンス・キッズ」新会員募集

小学生向け科学体験教室

元筑波大学教授・芳賀和夫さんが主宰する小中学生の科学体験教室「サイエンス・キッズ」が、2017年度の新会員を募集している。

「サイエンス・キッズ」は、知的好奇心を刺激して不思議の発見や謎を解こうとする習慣を身に付けてもらおうと1999年にスタートし、これまでに1900人を超える子どもたちが参加。

活動は月2回程度で、土・日曜・祝日を利用。1回の活動は2時間半。夏には宿泊観察会も実施する。指導は芳賀さんや協力機関の専門家が行い、筑波大の学生・院生が補助を務める。

場所は筑波大学や霞ケ浦環境科学センター、野外活動や見学活動は県内各地で行い、いずれも現地集合・解散。対象は小学生・中学生。参加費は一人1回諸経費として1000円〜1500円程度。定員40人。

希望者ははがき、ファクス、メールのいずれかに住所、親の氏名を明記して募集案内を請求する(3月31日(金)締め切り)。

請求先〒305-0033つくば市東新井16-2-514 芳賀サイエンスラボ
Fax 029(863)3032

■問い合わせ
Tel 029(863)3033/芳賀さん

■ Mail

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2017-03-01 08:30:27 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-03-31更新 ]
  1. 開催中の「つちうら桜まつり」に合わせ、同まつり実行委員会では今週末と来週末に土浦市内の桜の名所を巡るレトロなボンネットバスを運行する。
  2. 桜の開花に合わせた「土浦桜まつり2017」が、3月25日(土)〜4月9日(日)まで土浦市内うらら広場ほかで開かれる。
  3. 地域に伝わる古木を囲み花見が楽しめる「下大津桜まつり」が、4月1日(土)かすみがうら市下大津保育所跡地と下大津公民館で開かれる。
  4. 2018年3月末で閉校する阿見町立吉原小学校では、「ここから始まった歴史を忘れないで」と創立以来の写真や資料を集めたミュージアムを開設している。
  5. 保育園と児童クラブ、児童発達支援事業所を併設したつくば市倉掛の「ははそノ森保育園」の竣工式がこのほど行われ、関係者が出席して神事が執り行われた。
  6. コミュニケーションアプリ「LINE」に土浦市のイメージキャラクター「つちまる」スタンプ第2弾がこのほど完成し、話題を集めている。
  7. 土浦市のラクスマリーナでは、リニューアルのため運休していた遊覧船・ホワイトアイリス号の「お披露目会」を4月9日(日)に同マリーナで開催する。
  8. 美しく可憐なスイセンが約550種、約100万本咲き誇る「スイセンファンタジー」が、4月7日(金)までひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開かれている。
  9. 土浦八景ゆかりの地を巡る「土浦城ウオッチング」が4月8日(土)に開かれる。
  10. 特別展「土浦八景—よみがえる情景へのまなざし」が、5月7日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 桜の開花に合わせた「土浦桜まつり2017」が、3月25日(土)〜4月9日(日)まで土浦市内うらら広場ほかで開かれる。
  2. つくばエキスポセンターでは、3月25日(土)から6月11日(日)まで企画展「3次元のかたち〜作る技術、感じる技術〜」を開催する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. レトロなバスで桜めぐり
  2. 4月1日、下大津桜まつり
  3. つくば「ははそノ森保育園」
  4. 学芸員と巡る「土浦八景」参加者募集中
  5. 楽しく健康維持「いきいきスクール」
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー