茨城県地域情報紙「常陽リビング」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年2月) > 2月19日まで、石岡で「イキモノのすみか」
印刷表示
2017年2月16日(木)

2月19日まで、石岡で「イキモノのすみか」

武蔵野美大学生らの屋外アート展

イベントのシンボル・ティピが来場者を出迎える
イベントのシンボル・ティピが来場者を出迎える

武蔵野美術大学の学生が風光明媚(めいび)な八郷の台地に芸術作品を展示するイベントが、2月19日(日)まで石岡市上青柳地内で開かれている。午前10時〜午後5時。

同大建築学科の学生やOBらのアート作品を現地で制作し展示する同イベントは2010年からスタート。

今年は「イキモノのすみか」をテーマに、豊かな自然に多くの生き物が生息する八郷の地に、建築を学ぶ学生らのアートを融合。学生らは会場から程近い場所で寝食を共にし、材料の竹を自ら切り出して作品を制作。八郷の風景に触れて感じたことや体験、空想などを形にしたさまざまな作品が並ぶ。「普段は縮尺の世界にいる僕らにとって原寸大の素材と向き合える場で自分を表現できる良い機会。竹切りの方法など教えてもらったり差し入れをいただいたり地元の方の協力もうれしい」と実行委員会の沓澤拓巳さん(同大建築学科4年)。

会場では、地図に情報を書き込んでいく参加型作品「ドンナトコマップ」作りや、竹馬遊び、スタンプラリーも行われる。場所は県道150号線を笠間方面に。土浦方面からフラワーパーク手前「下青柳」交差点を左折した左側。

問い合わせはメールで。

■ Mail

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

記事配信 [ 2017-02-16 09:30:10 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-03-29更新 ]
  1. つくばエキスポセンターでは、3月25日(土)から6月11日(日)まで企画展「3次元のかたち〜作る技術、感じる技術〜」を開催する。
  2. 桜の開花に合わせた「土浦桜まつり2017」が、3月25日(土)〜4月9日(日)まで土浦市内うらら広場ほかで開かれる。
  3. 土浦市のラクスマリーナでは、リニューアルのため運休していた遊覧船・ホワイトアイリス号の「お披露目会」を4月9日(日)に同マリーナで開催する。
  4. 特別展「土浦八景—よみがえる情景へのまなざし」が、5月7日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。
  5. 美しく可憐なスイセンが約550種、約100万本咲き誇る「スイセンファンタジー」が、4月7日(金)までひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開かれている。
  6. 薄紫のかれんなカタクリ草を楽しむ「筑波山頂カタクリの花まつり」が、4月1日(土)〜20日(木)まで開催される。
  7. 石岡市を中心に素材からこだわった物作りを行う作家が集まる「山の園舎の中庭マーケット」が、3月26日(日)旧ほしのみや幼稚園で開かれる。
  8. 龍ケ崎市民ウォークラリー大会が、4月9日(日)に行われる。
  9. 2018年3月末で閉校する阿見町立吉原小学校では、「ここから始まった歴史を忘れないで」と創立以来の写真や資料を集めたミュージアムを開設している。
  10. 今話題の食材を食べて、学んで楽しめる「食の輪協演まつり」が、4月2日(日)土浦地方卸売市場で開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 桜の開花に合わせた「土浦桜まつり2017」が、3月25日(土)〜4月9日(日)まで土浦市内うらら広場ほかで開かれる。
  2. つくばエキスポセンターでは、3月25日(土)から6月11日(日)まで企画展「3次元のかたち〜作る技術、感じる技術〜」を開催する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 楽しく健康維持「いきいきスクール」
  2. 空き教室のミュージアム
  3. つちまるLINEスタンプ第2弾登場
  4. 4月9日に「お披露目会」
  5. 家具の修理を受け付け中
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー