茨城県地域情報紙「常陽リビング」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 常陽リビングニュース(2017年2月) > 2月26日まで、土浦市立博物館で「はたおり」作品展
地図表示 印刷表示
2017年2月10日(金)

2月26日まで、土浦市立博物館で「はたおり」作品展

農閑期の手仕事を再現

伝統の技を継承
伝統の技を継承

かつて土浦周辺の農家が農閑期に行っていた「はたおり」を再現した作品展が、2月18日(土)〜26日(日)まで土浦市立博物館で開かれている。午前9時〜午後4時半。

展示しているのは平成28年度の「はたごしらえ」講座受講生が半年かけて制作した作品や、はたおり伝承グループ「綿の実」の手紡ぎ作品や昔ながらの機織り機などを使って織った作務衣、もんぺなど。

期間中は綿切りろくろを使って種と繊維をより分ける無料体験のほか、裂いた古布を横糸に再利用するはたおり体験(材料費100円、火曜〜金曜午前9時〜11時半、土日午前9時〜午後3時)も行われる。入館料大人105円、小中高生50円。月曜休館。

■申し込み・問い合わせ
Tel 029(824)2928/土浦市立博物館

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

地図表示 印刷表示
記事配信 [ 2017-02-10 09:30:57 ]
ソーシャルサービスで共有:
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ
Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2017-03-27更新 ]
  1. つくばエキスポセンターでは、3月25日(土)から6月11日(日)まで企画展「3次元のかたち〜作る技術、感じる技術〜」を開催する。
  2. 桜の開花に合わせた「土浦桜まつり2017」が、3月25日(土)〜4月9日(日)まで土浦市内うらら広場ほかで開かれる。
  3. 石岡市を中心に素材からこだわった物作りを行う作家が集まる「山の園舎の中庭マーケット」が、3月26日(日)旧ほしのみや幼稚園で開かれる。
  4. 昭和初期に建築された懐かしい木造校舎を活用してアートや音楽を楽しむ「女化春祭り〜春一番のおもてなし」が、3月25日(土)牛久市女化青年研修所で開かれる。
  5. つくば市のベーカリー「ピジョンポスト」では、店内および商品のリニューアルを記念した「感謝フェア」を3月25日(土)に実施する。
  6. 大人のナチュラル系セレクトショップ「mou_cotton(ムーコットン)」が、このほどつくばクレオスクエア・キュート2階にオープンした。
  7. 太平洋戦争の決戦場となった「レイテ島の戦い」について語る講演会が、3月26日(日)阿見町の予科練平和記念館で行われる。
  8. 古来、人々の暮らしに根付いてきた藍染めの衣類や収蔵品からその歴史を振り返る企画展「藍あざやかに」が3月31日(金)まで龍ケ崎市歴史民俗資料館で開かれている。
  9. ハナッコ(花)やマメッコ(豆)、カチャラズなどの模様をつなげて作る津軽地方伝統の「こぎん刺し」の制作に打ち込む元テーラー・大高実さんの手仕事展が、3月22日(水)まで石岡市のまちかど情報センターで開かれている。戦中に始めた針仕事は、9年前に店の看板を降ろした今も大切なライフワーク。毎日こつこつと縫い進める文様には、静かに理想を追い求めた仕立て屋の人生が詰まっている。
  10. 春休みの子どもたち向けの紙芝居や本のリサイクルフェアが、3月29日(水)取手市立ふじしろ図書館で開かれる。
facebookページ「つくスタ情報局 〜つくばスタイルの魅力発信!〜」
注目の記事
  1. 石岡市を中心に素材からこだわった物作りを行う作家が集まる「山の園舎の中庭マーケット」が、3月26日(日)旧ほしのみや幼稚園で開かれる。
  2. 土浦市内で唯一イチゴ狩りが楽しめるケロケロ農園に、市内外から多くの観光客が訪れている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 3月25日〜4月9日土浦で桜まつり
  2. 生活の中の「藍染め」企画展
  3. 可変性の高い間取りが人気
  4. 3月29日取手で、ふじしろ図書館春休みイベント
  5. メガネフロンティア・ミスターマックス取手店
つくばスタイルBlog
つくばエクスプレス沿線地域の魅力あるライフスタイルや地域情報をお届けします。
茨城イベントカレンダー