茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 小美玉市手接(てつぎ)神社
茨城歴史散歩
[2017-03-31 up]

小美玉市手接(てつぎ)神社 - 小美玉市

恩義忘れぬ七郎河童 秘伝授けて氏神に


死ぬ前日まで、芹沢家の梅の木に毎日2匹の魚を届けたという伝説も

拝殿横には、病の回復や健康を願って手形や手袋が奉納されている

茨城空港に程近い小美玉市与沢地区に鎮座する手接神社。拝殿横に奉納されている木製の手形や手袋などは、神社に残る義理堅いカッパの伝説が由来となっている。

1465年(寛正6)頃、芹沢村領主・芹沢俊幹が梶無川を通りかかった際、乗っていた馬の尾をカッパにつかまれるも、刀でその手を切り落として難を逃れた。手首のないカッパは屋敷にやってきて「七郎河童」と名乗り、「老いた母を養うため手を返してほしい」と泣いて懇願。初め半信半疑だった俊幹も母を思う気持ちに心打たれ、七郎河童の先祖から伝わる手接の秘法や巻いておくと痛みに効く糸「きりすね」などを授かる代わりに手を返した。後に七郎河童の死体が見つかると、ふびんに思った俊幹は梶無川のほとりに小さなほこらを建て「手接大明神」として祭った。

いつしか「手の病が治る」と参拝客が訪れるようになり、『小川町史』の「手接大明神縁起」には「諸人参拝夥し」との記述も残っている。1507年(永正4)に現在の場所に移り、1849年(嘉永2)社殿焼失の憂き目に遭うが、同年に再建。「今も多くの方が県内外から訪れています」と同市教育委員会生涯学習課の和久法子さん。

1999年(平成11)には氏子の手によって、境内に河童碑が完成。義理を忘れぬ七郎河童は、今も静かに境内を見守っている。


 

小美玉市手接(てつぎ)神社 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 各地の図書館などで定期開催されている0〜2歳児対象の「お話し会」が人気を集めている。気軽な外出先であると共に、子育てのヒントや絵本を介し子どもとの向き合い方も学べる図書館。司書らは「子育てに疲れたらいつでも遊びに来て」と積極的な参加を呼び掛けている。
  2. 日本では飛鳥時代の頃から記録が残り、明治時代に最盛期を迎えた養蜂。レンゲや菜の花畑の減少に加え輸入品の台頭で国内の生産量は減少しているが、「守谷みつばち夢プロジェクト」では30代から60代の市民ら20人が集まり、せわしなく働くミツバチを楽しく育て、「自然環境の指標」ともいわれるミツバチが教える地域環境の変化に耳を澄ませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 5月25日から「はぎれ市」
  2. 5月23日、石井桃子作品おはなし会
  3. 乳幼児向け「お話し会」人気
  4. 大人の学校講座「知っておきたいリフォームの基本」
  5. 「山に建つ平屋の住まい」完成見学会
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩