茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 江連用水旧溝宮裏両樋(みやうらりょうひ)
茨城歴史散歩
[2015-05-14 up]

江連用水旧溝宮裏両樋(みやうらりょうひ) - 下妻市

「お宮の裏」の分水施設 市内初の国登録文化財に


水は石下方面(右)と千代川方面に分かれる

現在右側の水路は雨水の排水路として使われている

下妻市本宗道の宗任(むねとう)神社境内北側に残るかんがい用水の分水施設「江連用水旧溝宮裏両樋」が、近代化の面影を今に伝えている。

真岡市上江連を水源とする江連用水の起源は江戸時代。享保の改革の一つである新田開発のために引かれたが、鬼怒川の水位低下のため水が引けなくなり廃された。その後、廃された用水路と以前からある4つの用水路をつなぎ1829年(文政12)に現在の江連用水が完成。これにより1654町歩の水田が潤った。

それから約70年後の1900(明治33)、鬼怒川と小貝川に挟まれた地域のかんがい用として「宮裏両樋」を建造。江連用水を下妻方面と常総方面に分水する樋門は、各3.6メートルの二連の煉瓦水門と湾曲する煉瓦擁壁が一体となっていて、上流部が水切り、下流部が階段上とする堰柱の形式が特徴。レンガ積みは長手だけの段と小口だけの段が一段おきに積まれた「イギリス式」を採用した。今でも渇水期には底のレンガがあらわになり、同市鯨(旧千代川村)で操業していた国府田煉瓦工場の刻印「∴」が姿を現す。ちなみに千代川村の語源は、江戸時代に用水工事の陣頭指揮を執った役人が詠んだ「樋びらきや豊田郡の千代の水」の歌からきているとされる。

江連用水の流路は昭和50年代に変更され水門は本来の機能を失ったが、今年3月末に「国土の歴史的景観に寄与するもの」として国登録文化財に指定。現在は住民のウオーキングや憩いの場になっている。

問い合わせ
Tel0296(45)8996/下妻市生涯学習課文化係


 

江連用水旧溝宮裏両樋(みやうらりょうひ) - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 7月にオープンする県内初のエンターテインメントフィットネス「テトラフィット土浦店」の体験会が、6月28日(水)〜7月2日(日)、5日(水)、6日(木)に行われる。
  2. 全国的な出版不況の中、今春、女性一人の出版社がつくば市内に誕生した。高松夕佳さんが最初に手掛けた本は、発泡スチロール製の家を担ぎ東北から九州まで「移住を生活」した美術家・村上慧さんの日記。自分の目と足で社会をつぶさに観察した369日の記録の中に、高松さんは「今の日本を理解するヒントがあるかも」と話す。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. サマースクール&サマーキャンプ参加受け付け中
  2. 7月15日つくばで楽しい親子ラジオ製作会
  3. 7月23日「HIBINO CUP」参加者募集
  4. リビング◆クッキング
  5. 7月1日、常総でスタディツアー参加者募集中
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩