常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 江連用水旧溝宮裏両樋(みやうらりょうひ)
茨城歴史散歩
[2015-05-14 up]

江連用水旧溝宮裏両樋(みやうらりょうひ) - 下妻市

「お宮の裏」の分水施設 市内初の国登録文化財に


水は石下方面(右)と千代川方面に分かれる

現在右側の水路は雨水の排水路として使われている

下妻市本宗道の宗任(むねとう)神社境内北側に残るかんがい用水の分水施設「江連用水旧溝宮裏両樋」が、近代化の面影を今に伝えている。

真岡市上江連を水源とする江連用水の起源は江戸時代。享保の改革の一つである新田開発のために引かれたが、鬼怒川の水位低下のため水が引けなくなり廃された。その後、廃された用水路と以前からある4つの用水路をつなぎ1829年(文政12)に現在の江連用水が完成。これにより1654町歩の水田が潤った。

それから約70年後の1900(明治33)、鬼怒川と小貝川に挟まれた地域のかんがい用として「宮裏両樋」を建造。江連用水を下妻方面と常総方面に分水する樋門は、各3.6メートルの二連の煉瓦水門と湾曲する煉瓦擁壁が一体となっていて、上流部が水切り、下流部が階段上とする堰柱の形式が特徴。レンガ積みは長手だけの段と小口だけの段が一段おきに積まれた「イギリス式」を採用した。今でも渇水期には底のレンガがあらわになり、同市鯨(旧千代川村)で操業していた国府田煉瓦工場の刻印「∴」が姿を現す。ちなみに千代川村の語源は、江戸時代に用水工事の陣頭指揮を執った役人が詠んだ「樋びらきや豊田郡の千代の水」の歌からきているとされる。

江連用水の流路は昭和50年代に変更され水門は本来の機能を失ったが、今年3月末に「国土の歴史的景観に寄与するもの」として国登録文化財に指定。現在は住民のウオーキングや憩いの場になっている。

問い合わせ
Tel0296(45)8996/下妻市生涯学習課文化係


 

江連用水旧溝宮裏両樋(みやうらりょうひ) - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. もうすぐ冬休み。家族や親戚が集まる機会が多いこの時期、祖父母に乳幼児や小さな子どもの面倒を見てもらうこともしばしば。程よい距離感を保ちながら周囲とより良い関係を築こうと開かれた「孫育て講座」から、昔は当たり前だった地域ぐるみの子育てをめぐる「今」を取材した。
  2. 体験型テーマパークこもれび森のイバライドでは、12月16日(土)と17日(日)クリスマスマーケット「フェルム・ド・ノエル」を開催する。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 築地直送のネタが自慢
  2. 和牛ステーキひたちオープン
  3. 飲食など期間限定で最大7店
  4. 牛久駅前イルミで街に輝き
  5. カフェで焼き芋を!
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩