茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > ビンフォルド邸
茨城歴史散歩
[2014-06-11 up]

ビンフォルド邸 - 下妻市

米国人夫妻が暮らした在来工法で建てた洋館


珍しい菱葺屋根と複雑な形状をしたログハウス風の邸宅

サイドカーに乗って伝道するビンフォルド夫妻

県立下妻第一高等学校脇の細い路地を入ったところにある赤いトタン屋根の洋館「ビンフォルド邸」は、日本基督友会の伝道師として来日したガーネーとエリザベス・ビンフォルド夫妻が住んだ家。

水戸で布教活動を開始し、1920年(大正9)にあえて保守的な下妻の地を選び日本基督友会下妻月会を設立。

サイドカーで県西地方を回るというユニークかつ斬新な活動に好奇の目も多かったが、エリザベスは1926年(大正15)に小友幼稚園を開園し地域の幼児教育に尽力。

農村の貧困問題などを話し合う場も設け、住民を招待してクリスマス会や料理教室を開くと「次第に皆からビンさん、ビンさんと呼ばれ親しまれたそうです」と同幼稚園の浅野房雄さん。

1923年(大正12)に建てられたビンフォルド邸は台形の出窓が目を引く洋館で、今は雨漏りや壁の剥離など傷みが激しいものの、質素で簡素な家具や調度品は当時のまま。

「日本人大工を雇い、真壁造りなど在来工法で造られたもの。洋館のお手本がない中で苦労したと思う」と一級建築士の粟野徹さん。
中でも1階のダイニングテーブルは、生活に困って訪ねてきた住民に造らせ手間賃を与えたものという。

戦争の足音が聞こえてきた1936年(昭和11)、夫妻は16年住んだ邸宅を離れ下妻駅から大勢の住民に見送られ帰国の途に。
その後も二人の遺産を小友幼稚園に寄付するなど思い出の地に心を寄せ続けた夫妻。

今も邸宅では毎週日曜に礼拝が開かれ、庭では園児らが野菜や果物を育てるなど、夫妻が残した愛の精神も引き継がれている。


 

ビンフォルド邸 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 各地の図書館などで定期開催されている0〜2歳児対象の「お話し会」が人気を集めている。気軽な外出先であると共に、子育てのヒントや絵本を介し子どもとの向き合い方も学べる図書館。司書らは「子育てに疲れたらいつでも遊びに来て」と積極的な参加を呼び掛けている。
  2. 日本では飛鳥時代の頃から記録が残り、明治時代に最盛期を迎えた養蜂。レンゲや菜の花畑の減少に加え輸入品の台頭で国内の生産量は減少しているが、「守谷みつばち夢プロジェクト」では30代から60代の市民ら20人が集まり、せわしなく働くミツバチを楽しく育て、「自然環境の指標」ともいわれるミツバチが教える地域環境の変化に耳を澄ませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 聞こえの相談会
  2. チアリーダー募集
  3. 6月10日と24日、筑波山パワースポット巡り参加者募集中
  4. アウトドア&スポーツブランドなど6社出店
  5. 客船クルーズ説明会
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩