茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 手塚良運の墓
茨城歴史散歩
[2012-07-25 up]

手塚良運の墓 - 石岡市

手塚治虫のルーツ 府中藩侍医の先祖


手塚良運の墓

「鉄腕アトム」などで知られる漫画家・手塚治虫の先祖で府中藩侍医だった手塚良運の墓が、石岡市国府の曹洞宗「清涼寺」にある。

良運は、幕末の江戸を舞台にした漫画『陽だまりの樹』のモデルになった手塚治虫の曽祖父・良仙のいとこにあたる。清涼寺住職の曽根田隆光さんは、同寺開山500年史を編さんした1998年に県立歴史館の研究員から手塚良運と手塚治虫の関係を指摘され、過去帳を調べて手塚プロダクションや、手塚治虫や医師学の研究をしている開業医の深瀬泰亘さんなど関係者に問い合わせて調査した。

確認できた先祖は初代・良仙。武蔵国の冨田与八郎の四男で水戸藩侍医の原南陽に師事し、漢方を学んで医師になり手塚良意の娘と結婚して手塚姓に。内科医として江戸の小石川で開業し、常陸府中藩主・松平播磨守の侍医になった。

一男と一女がいて、長男の光照が二代目良仙を名乗り、三代目良仙・良庵から太郎、粲(ゆたか)、治虫と続き治虫は初代良仙から6代目に当たる。一方、娘は府中藩侍医の良元を婿にとり東京・小石川の同心町に分家開業した。

二人の長男・良運は蘭方医の長州藩侍医・坪井信道の日習堂でオランダ医学を学び、父の後を継いだ。そして明治の廃藩置県で小石川から石岡市鹿の子にあった武家屋敷に移住後の1873年に45歳の若さで他界した。

手塚一族の墓は東京都豊島区巣鴨の曹洞宗総禅寺にあるが、親戚筋が清涼寺の僧になった縁で同寺に埋葬されたと推測されている。「府中藩について知る良い機会。この石岡の歴史を知ってほしい」と曽根田住職。

■ 問い合わせ
Tel 0299(24)1571/曹洞宗清涼寺(石岡市国府6-2-3)


 

手塚良運の墓 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. さまざまな分野での利用が注目されるドローンの操縦から運航管理までを学べる「JUIDA認定講座」が、10月から土浦市の筑波研究学園専門学校で開かれる。
  2. プロ野球イースタン・リーグ「北海道日本ハムファイターズ対千葉ロッテマリーンズ」戦が、9月2日(土)牛久運動公園野球場と3日(日)J:COMスタジアム土浦で開催される。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 女性対象の成人振袖試着会
  2. 大学とコラボした新商品「おいもちゃん」
  3. 8月31日まで「とりでっ子!!」展
  4. 古美術の見方・楽しみ方講座
  5. リビング◆クッキング
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩