茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 石井(いわい)営所跡と国王神社
茨城歴史散歩
[2012-01-25 up]

石井(いわい)営所跡と国王神社 - 坂東市

朝廷へ叛乱するも民衆の支持厚く


石井営所跡に建つ石碑は、重さ20トンの筑波石

重厚な茅葺き屋根が特徴の国王神社

坂東市役所から結城街道を北へ進むと、その昔未開の地に足を踏み入れ関東一円に勢力を誇った平将門ゆかりの史跡が数多く存在する。

「島広山・石井(いわい)営所跡」は将門が政治や軍事の拠点とした居館で、重臣たちの居館や住居が並び関八州を攻め落とした時の軍勢が集結していたため食糧庫や馬繋ぎ場があった。それ故付近には「弓田」「馬立」など武芸や馬に関する地名が残るほか、営所は旧岩井市の地名の由来=石井(いわい)にもなっている。

営所が歴史の表舞台に最初に登場するのは937年(承平7)の平良兼による石井夜討(将門記)。その後も関東で勢力を伸ばし「新皇」を名乗った将門に、940年(天慶3)国香の子・平貞盛と藤原秀郷の連合軍が攻撃し、営所は焼き払われた。

天慶3年2月14日、38歳で命を落とした将門を祭神として祭る「国王神社」は茅葺き屋根が特徴の県指定文化財。神社縁起によると、将門の三女・如蔵尼が父の三十三回忌に建立したとされ、ご神体の尊像「衣冠束帯木造座像」を彫って国王大明神と称し天下泰平を祈念したという。

将門敗れた後は奥州に逃れ、地蔵菩薩を深く信仰しながら80歳でこの世を去ったという。


 

石井(いわい)営所跡と国王神社 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 無病息災や豊作を願う小正月の火祭り・どんど焼きが、1月19日(土)つくば市小田の小田城跡歴史ひろばで行われる。
  2. 県内に散らばる約1200の方言を集めて解説するウェブサイトを軸に、執筆やラジオ、音楽活動など多彩な方法で茨城をPRしている青木智也さん。時代の流れと共に廃れたり変化していく方言を「楽しく生かす」活動は、今年で22年目を迎える。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 山水亭寄席「瀧川鯉朝独演会」
  2. YOSAKOIソーラン&大北海道ディナーバイキング
  3. 寿司職人の恵方巻き
  4. 茨城の郷土料理「しもつかれ」
  5. 1月26日「お墓の市民講座」
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩