常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 地蔵菩薩立像(湯地蔵)
茨城歴史散歩
[2010-09-03 up]

地蔵菩薩立像(湯地蔵) - つくば市

700余年の今も地域見守る優麗な地蔵さま


地元では「小田山」と親しまれるつくば市小田の宝篋山(ほうきょうさん)には、鎌倉時代初頭に建立されたとされる三村山(現宝篋山)極楽寺に奈良西大寺系の高僧・良観房忍性が真言律宗を東国に広めるため約10年止寺したことから、多くの文化遺産が遺されている。

その一つ石造地蔵菩薩立像(県文化財)はかつての極楽寺への入口、旧坂東街道といわれる古道の西方にあり、鎌倉時代後期の1289年(正応2年)建立から700年以上の時を経た今も東を向き人知れず地域を見守っている。

地蔵菩薩立像は地元では「湯地蔵」と呼ばれて安産や乳が出ない女性の信仰を集めてきたが、本来は一般の民衆を化道救済する大慈大悲の菩薩。像高1.6メートル、石囲い総高2.2メートルと大きく、屋蓋上には露盤と相輪を載せている。右手に錫杖、左手に宝珠を持つ優麗温和な姿は今もはっきり見て取れ、像の左右奥壁には刻文が記されている。刻文は右に「檀那左衛門尉所願成遂」、左に「正応二年己丑十一月十日造立勧進仏子阿浄」。

左衛門尉は地域を治めた小田氏の四代・時知か五代・宗知を指していると思われ、阿浄は忍性が去った後に入寺した僧ではないかともいわれるが詳細は不明。ともあれ、屋蓋付の石囲いに収まる遺物は美術工芸史的にも極めて貴重とされる。

(資料・助言/NPO法人小田地域振興協議会)

■ 問い合わせ
[TEL] 090(8039)1736/NPO法人小田地域振興協議会事務局・東郷さん


 

地蔵菩薩立像(湯地蔵) - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. つくば市主催の「つくばスポーツフェスティバル2019」が、7月20日(土)午前10時からつくばカピオで開かれる。
  2. 小学生の7割以上が放課後に全く外遊びをしないー。こんな調査結果がこのほど公表され、保護者らから驚きの声が上がっている。急激な人口増加が続くつくば市内でも子どもが自由に遊べる場所は減少傾向に。「幼少期に手つかずの自然や外遊びを経験させたい」と活動する親たちを取材した。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. つくばサイエンスツアーバス
  2. 「皆でいっぱい使ってフクっ!」
  3. 森の中、親子で楽しむ外遊び
  4. 健康食品の摂取研究、参加者募集
  5. ホテル会員限定ランチコース
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩