茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 金龍寺
茨城歴史散歩
[2010-03-11 up]

金龍寺 - 龍ヶ崎市

新田家の菩提寺 口承伝わる古刹


 

境内裏手には義貞をはじめ、新田氏代々の墓がある

龍ケ崎市北西部、丘の上に建つ金龍寺には「牛久沼」の名前の由来にもなった口承伝説が残っている。

金龍寺は、鎌倉末期から南北朝時代にかけて活躍した豪族・新田義貞の孫・貞氏が、祖父の霊を鎮めるため1407年(応永14)、上州太田(現在の群馬県太田市)に建立した。


1588年(天正16)秀吉の「小田原攻め」の際には、義貞の子孫・由良国繁の母が北条氏を相手に武功を挙げ、息子の国繁は牛久城主となり金龍寺も牛久に移った。

そのころ、寺には3人の小坊主が修行していた。中でも智雲(ちうん)は大食漢で怠け者。食っては寝てを繰り返す智雲に「牛になるぞ」と2世住職の天陰玄鎖(てんいんげんさ)が注意したが、ある日智雲の尻からは本当に尻尾が生えてきた。

牛になってしまった智雲は言うことを聞かなかった自分を恥じ、近くの沼に入水。引きとめようと天陰玄鎖が智雲の尻尾をつかむと、根元からぷつりと切れた。「それから牛を食う沼、牛久沼という名前になったのです」と現41世の渡辺弘道住職。

天陰玄鎖は供養として、葬式で仏をあの世に導く(引導を渡す)ときに使う一対の仏具「払子(ほっす)」を尻尾で作ったが、いつのころからか行方不明に。もう一つの払子は智雲の生まれ故郷・福井県の慈眼寺にあるといわれている。


 

金龍寺 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 各地の図書館などで定期開催されている0〜2歳児対象の「お話し会」が人気を集めている。気軽な外出先であると共に、子育てのヒントや絵本を介し子どもとの向き合い方も学べる図書館。司書らは「子育てに疲れたらいつでも遊びに来て」と積極的な参加を呼び掛けている。
  2. 日本では飛鳥時代の頃から記録が残り、明治時代に最盛期を迎えた養蜂。レンゲや菜の花畑の減少に加え輸入品の台頭で国内の生産量は減少しているが、「守谷みつばち夢プロジェクト」では30代から60代の市民ら20人が集まり、せわしなく働くミツバチを楽しく育て、「自然環境の指標」ともいわれるミツバチが教える地域環境の変化に耳を澄ませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 聞こえの相談会
  2. チアリーダー募集
  3. 6月10日と24日、筑波山パワースポット巡り参加者募集中
  4. アウトドア&スポーツブランドなど6社出店
  5. 客船クルーズ説明会
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩