茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 伊古立(いごたつ)の十三仏
茨城歴史散歩
[2010-03-11 up]

伊古立(いごたつ)の十三仏 - 下妻市

「あの世」への旅 静かに見守る仏様


下妻市伊古立のコミュニティーセンター敷地内では同市指定文化財の「伊古立の十三仏」が住民を見守っている。

「十三仏」は死者があの世へ旅立つ際に見守ってくれる仏で、不動明王、釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩、地蔵菩薩、弥勒菩薩、薬師如来、観音菩薩、勢至菩薩、阿弥陀仏、阿閃(あしゅく)如来、大日如来、虚空蔵菩薩。

「十三仏信仰」は南北朝時代に始まり江戸時代中期まで各地にこぞって石仏が建てられたが、現在では掛け軸や額縁に入れた仏画という形で家々に置かれている。「昔は集落の葬式や法要で仏前に十三仏の掛け軸や額縁に入った仏画を掲げる風習がありました」と伊古立区長の飯泉利夫さん。

旧千代川村内の石仏を調査した同市生涯学習課長兼ふるさと博物館館長の人見健一さんによれば、1692年(元禄5)10月13日に建てられ300年以上の歴史を持ち「県西地方ではここだけとされる貴重なものです」。

毎年2月の初午の日には、住民らがわらを編み上げたひも状の「つとっこ」の先端に赤飯と大根・酒粕・人参・大豆で作った郷土料理「すみつかれ」を包んで供え、秋祭りには赤飯に加えわらでつないだ2本の竹筒に神酒、甘酒をくむ。

15年程前に雨風による風化を防ごうと木枠で作られた囲い(上屋)で守られた十三仏は、地域住民の最期の旅立ちを今も静かに見守っている。

■ 問い合わせ
0296(43)2111/下妻市生涯学習課


 

伊古立(いごたつ)の十三仏 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 沖縄の現在と戦後の文化を横断する美術展「鎮魂と不屈の沖縄」が、9月3日(火)〜16日(祝)まで県つくば美術館で開かれる。
  2. 阿見町を全国にPRする「あみ大使」として活動する3姉妹バンド「みならいモンスター」が、9月に同町で開かれる茨城国体セーリング競技のオリジナルイメージソングを制作。1日はミニアルバムをリリースするなど、結成10年を迎え躍動する3人は「地元愛」を原動力に走り続ける。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 楽しく学ぶ「こども自転車教室」
  2. 「自分にできる仕事さがし編」参加者募集中
  3. 「植木屋」目指しませんか
  4. 日商簿記検定3級受験対策講座
  5. 十河隆史・馬渡新平二人展
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩