常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 子安神社
茨城歴史散歩
[2009-05-20 up]

子安神社 - かすみがうら市

地域の女性集い安座・育児願う





奉納された絵馬(上)と昔の産着(下)

かつてお産が命懸けだった時代に地域の女性がつくった互助組織「子安講」の拠点だった子安神社。

子宝に恵まれても食糧事情が悪く、度重なる飢饉で「間引き」などの悪習が広まり出生率が低下した江戸時代中期。「子安講は集落の各世代の女性がそれぞれの経験を若いお嫁さんに伝え、子孫を残そうという組織でした」と、かすみがうら市郷土資料館学芸員の千葉隆司さん。

講中の代表は毎年9月3日の例祭に神社に代参し、お払いを受けお札や掛け軸を持ち帰り各自に分配。その日は農家に嫁いだ女性が悩みを分かち合ったりごちそうを食べたりして過ごす安息の日でもあった。「そんな風習も昭和50年代を境に年々減少しています」と同神社宮司の皆川安麿さん。

かつては参拝客でごった返し2日間にわたって行われた例祭にも「今は跡継ぎのお嫁さんがおらず、子安講が解散される地域もあるためお年寄りがお札や掛け軸を返しに来るんです」。

現在、かすみがうら市郷土資料館では企画展「子安神社〜安産・子育ての名社と女人信仰」を開催中で、奉納された絵馬や昔の産着などが展示されている。

共に悩み、共に助け合ってきた子安講の原点は「人は人によって育つ」。そんな思いが「物質的に豊かになった社会で精神的な飢えを癒やしてくれるのだと思います」と千葉さん。

[TEL] 029(896)0017/かすみがうら市郷土資料館


 

子安神社 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 無病息災や豊作を願う小正月の火祭り・どんど焼きが、1月19日(土)つくば市小田の小田城跡歴史ひろばで行われる。
  2. 県内に散らばる約1200の方言を集めて解説するウェブサイトを軸に、執筆やラジオ、音楽活動など多彩な方法で茨城をPRしている青木智也さん。時代の流れと共に廃れたり変化していく方言を「楽しく生かす」活動は、今年で22年目を迎える。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 1月31日まで、新春キャンペーン
  2. 「家具」がテーマの川柳募集
  3. 山形の雪で遊ぶ「雪まつり」
  4. 睡眠・代謝測定実験の被験者募集
  5. 「くの字の小さな平屋の住まい」完成見学会
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩