茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 法泉寺の美女塚
茨城歴史散歩
[2009-05-20 up]

法泉寺の美女塚 - 下妻市

手厚く葬られた多賀谷氏の御霊


下妻市役所隣の法泉寺墓地に、美女塚と呼ばれる供養塔が建っている。

かつてこの地を治めていた多賀谷氏により、現在の小野子地区を中心に2キロ四方に渡って城下町が築かれていた。

しかし、1600年(慶長5)天下分け目の関が原の戦いで石田三成率いる西軍に加勢した多賀谷氏は、徳川家康により領地を取り上げられ、翌年、城の明け渡しとともに残っていた姫君や腰元など300余人は「もはやこれまで」と自害。お堀には数多くの遺体が浮かんだ。

「その様子をふびんに思った領民が関東郡代の目を逃れるように土の塚を建てたんです」と下妻の郷土史を研究する佐久間秀樹さん。

明治期に入り、道路工事でお堀跡から多数の人骨が見つかったが、3度にわたって下妻に攻め込んできた小田原の北条氏との合戦の際の戦死者ではないかという説もあり、真相は謎のまま。その後、塚は法泉寺に改葬され、現在も下妻市民が手向ける線香や供え物が絶えることはない。


 

法泉寺の美女塚 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 7月にオープンする県内初のエンターテインメントフィットネス「テトラフィット土浦店」の体験会が、6月28日(水)〜7月2日(日)、5日(水)、6日(木)に行われる。
  2. 全国的な出版不況の中、今春、女性一人の出版社がつくば市内に誕生した。高松夕佳さんが最初に手掛けた本は、発泡スチロール製の家を担ぎ東北から九州まで「移住を生活」した美術家・村上慧さんの日記。自分の目と足で社会をつぶさに観察した369日の記録の中に、高松さんは「今の日本を理解するヒントがあるかも」と話す。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. サマースクール&サマーキャンプ参加受け付け中
  2. 7月15日つくばで楽しい親子ラジオ製作会
  3. 7月23日「HIBINO CUP」参加者募集
  4. リビング◆クッキング
  5. 7月1日、常総でスタディツアー参加者募集中
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩