一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 旧報徳銀行水海道支店
茨城歴史散歩
[2009-03-13 up]

旧報徳銀行水海道支店 - 常総市

商店街にたたずむ大正ロマン建築


玄関上部には三角形の飾り屋根がついていた

旧水海道宝町大通りの商店街に大正時代に建てられたレンガ造りの近代建築、旧報徳銀行水海道支店が今も当時のまま残されている。

1918年(大正7)〜23年(同12)の間に建築された報徳銀行は24年に東明銀行と合併後、世界的な金融恐慌により29年に破綻。その後は幾度も統廃合を繰り返し、関東つくば銀行が移転した5年前まで銀行としての役目を果たした。

内部は銀行業態の変化や83年に起きた火災による改修で当時をしのばせるのは左右の天井際の壁に施された装飾だけだが、外観はほとんど建築時のまま。当時地方の銀行支店でよく用いられた建築様式で、店蔵がひしめく商店街では2階建ての建物が一際目を引いたという。

06年には市指定文化財に認定され、保存とともに市民スペースとしての利用が始まっている。「市街の人には時代が長かった『東陽相互銀行』の名前で知られています」と、常総市生涯学習課の宮本欣英さん。普段は外観の見学のみだが、4月12日(日)に開催予定の「千姫まつり」で開放される予定。

Tel 0297(22)3490/常総市教育委員会生涯学習課


 

旧報徳銀行水海道支店 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る