茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 得月院のカヤの木
茨城歴史散歩
[2009-03-13 up]

得月院のカヤの木 - 牛久市

芋銭の墓見守る歴史ある大木


牛久城大手門跡近くにある得月院の本堂脇には、樹齢500年、幹周り5メートルの市指定文化財・カヤの大木がそびえ立つ。

数年前、降雪で折れた枝が下にあった墓石を壊すほどの樹勢を誇るカヤの木は「蚊遣り」として焚いて煙をなびかせたことからその名がついたとされ、緻密(ちみつ)で堅く、木工や将棋盤などに使われる。

得月院は牛久城主・由良国繁の母・妙印尼(みょういんに)の菩提寺として1596年(慶長元)に開山。境内には牛久沼の河童の絵で知られる日本画家・小川芋銭の墓もある。

1913年(大正2)に得月院が全焼した際、芋銭は金銭や書画を寄付するなどして復興に力を尽くした。その功績に感謝した住職は芋銭亡き後、「得月院中興開基」という特別の称号を与えたという。

1919年(大正8)芋銭は大木をモチーフにした日本画「樹下石下談」を日本美術院の展覧会に出展。芋銭の労をねぎらうように、「市民の木」にも指定されている大木が今も枝を広げる。


 

得月院のカヤの木 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 各地の図書館などで定期開催されている0〜2歳児対象の「お話し会」が人気を集めている。気軽な外出先であると共に、子育てのヒントや絵本を介し子どもとの向き合い方も学べる図書館。司書らは「子育てに疲れたらいつでも遊びに来て」と積極的な参加を呼び掛けている。
  2. 日本では飛鳥時代の頃から記録が残り、明治時代に最盛期を迎えた養蜂。レンゲや菜の花畑の減少に加え輸入品の台頭で国内の生産量は減少しているが、「守谷みつばち夢プロジェクト」では30代から60代の市民ら20人が集まり、せわしなく働くミツバチを楽しく育て、「自然環境の指標」ともいわれるミツバチが教える地域環境の変化に耳を澄ませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 聞こえの相談会
  2. チアリーダー募集
  3. 6月10日と24日、筑波山パワースポット巡り参加者募集中
  4. アウトドア&スポーツブランドなど6社出店
  5. 客船クルーズ説明会
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩