茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 医王院(いおういん)・十二神将像
茨城歴史散歩
[2009-02-06 up]

医王院(いおういん)・十二神将像 - 龍ヶ崎市

龍ケ崎大火から本堂守った武神


 

 火防(ひぶせ)や病気回復を願う人が訪れる龍ケ崎市砂町の医王院。1598年(慶長3)に建てられた本堂には、本尊薬師如来を守るように「十二神将像」が左右に6体ずつ安置されている。

十二神将像は平安時代後半に十二支と結びつけられ、宮毘羅(くびら)は子(ね)、伐折羅(ばさら)は丑(うし)、迷企羅(めきら)は寅(とら)などそれぞれの十二支獣が各神将の頭の上に祭られ、太刀や斧、弓などの武器を持った姿は性格を表しているとされる。

1883年(明治16)砂町や上町、下町が跡形もなく全焼した龍ケ崎大火で本堂は唯一焼失を免れ、かやぶき屋根にもかかわらず火の手が回らなかったのは、屋根に上った十二神将像が水をまいたからと伝えられている。

また、屋根を瓦に替える際、無数のタニシが本堂の屋根に張り付き火を食い止めたという伝説もあり「屋根を修復してから同院では、本堂を守ったといわれるタニシを食べていません」と住職。

伝説にあやかり毎年1月10日の初薬師の縁日は「火防のお札」を求める多くの参拝客でにぎわい、健康や防火を願って手を合わせる。

Tel 0297(62)3041/医王院


 

医王院(いおういん)・十二神将像 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 7月にオープンする県内初のエンターテインメントフィットネス「テトラフィット土浦店」の体験会が、6月28日(水)〜7月2日(日)、5日(水)、6日(木)に行われる。
  2. 全国的な出版不況の中、今春、女性一人の出版社がつくば市内に誕生した。高松夕佳さんが最初に手掛けた本は、発泡スチロール製の家を担ぎ東北から九州まで「移住を生活」した美術家・村上慧さんの日記。自分の目と足で社会をつぶさに観察した369日の記録の中に、高松さんは「今の日本を理解するヒントがあるかも」と話す。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. サマースクール&サマーキャンプ参加受け付け中
  2. 7月15日つくばで楽しい親子ラジオ製作会
  3. 7月23日「HIBINO CUP」参加者募集
  4. リビング◆クッキング
  5. 7月1日、常総でスタディツアー参加者募集中
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩