常陽リビング社カルチャー教室ブログ
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 中妻(なかつま)貝塚
茨城歴史散歩
[2009-02-06 up]

中妻(なかつま)貝塚 - 取手市

境内に分布する利根川の環状貝塚


昨年の発掘調査の様子

取手市の小文間台地にある福永寺の敷地を囲むように分布するのは、市指定史跡の中妻貝塚。

小貝川の広々とした沖積低地に臨んだ台地にある利根川流域最大の環状貝塚。1972年(昭和47)に寺の墓地造成で発掘調査が行われ、92年の発掘では100体もの人骨が見つかった。

07年11月の寺南東部C地点の調査ではヤマトシジミやハマグリなどの貝層から縄文時代後期中ごろの堀之内式土器と加曾利B式土器が見つかり、その下には住居跡があることが発覚。

今年9月の調査ではぶ厚く大胆な柄が特徴の縄文時代後期初めとみられる称名寺(しょうみょうじ)式土器が出土。併せて炉の跡も発見され、中からは灰や焼いて食べたと思われるシカかイノシシらしき動物の骨が、コゲ跡もそのままに出土している。

取手市埋蔵文化財センターでは出土品を炭素年代調査に出す予定で、今後調査結果の展示を検討している。

[TEL] 0297(73)2010/取手市埋蔵文化財センター


 

中妻(なかつま)貝塚 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 無病息災や豊作を願う小正月の火祭り・どんど焼きが、1月19日(土)つくば市小田の小田城跡歴史ひろばで行われる。
  2. 県内に散らばる約1200の方言を集めて解説するウェブサイトを軸に、執筆やラジオ、音楽活動など多彩な方法で茨城をPRしている青木智也さん。時代の流れと共に廃れたり変化していく方言を「楽しく生かす」活動は、今年で22年目を迎える。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 山水亭寄席「瀧川鯉朝独演会」
  2. YOSAKOIソーラン&大北海道ディナーバイキング
  3. 寿司職人の恵方巻き
  4. 茨城の郷土料理「しもつかれ」
  5. 1月26日「お墓の市民講座」
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩