茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 映画『米』撮影記念碑
茨城歴史散歩
[2008-06-13 up]

映画『米』撮影記念碑 - かすみがうら市

霞ケ浦見下ろす郷土の美しい記憶


映画『米』撮影記念碑

映画のパンフレット

茨城百景の一つ、かすみがうら市の歩崎観音から霞ケ浦を望む風光明美な丘に映画『米』の撮影記念碑が建っている。

碑文は取手市に住んだ水墨画家・久保田保久の書。公開時キネマ旬報1位を獲得しアジアカンヌ映画祭にも出品された映画は、1957年(昭和32)に封切られ霞ケ浦湖畔に住む半漁半農の貧しい人々の生活を描いた。

現在の霞ケ浦と違いコンクリート護岸はなく、ポプラや柳、ヨシなど銀幕の中の湖岸は美しく、足踏みの水車で田んぼに水を送り、にわか仕込みの茨城弁や「ミーコ(溝)」「エンマ(用水路)」などの農民言葉を話す役者陣と500円ほどの出演料で周辺住民が多数出演したエキストラなど、当時を知る民俗資料としての価値も高い映画でもある。

ストーリーには隣近所同士の助け合い精神や、「金持ちになりたい」というむき出しの願望などが描かれるとともに、帆掛け舟で漁をする漁民が「霞ケ浦風呂」と称して湖で水浴びする姿や湖上で米を炊く姿が印象的に映し出される。

今も霞ケ浦から恩恵を受けていることには変わりはないが、「この時代に湖を汚せば手痛いしっぺ返しを受けることを漁民は知っていた」とかすみがうら市郷土資料館の千葉隆司さん。記念碑は郷土の記憶、民俗資料、さらには人間の原点を見つめ直すきっかけとして、今も霞ケ浦を見下ろす丘にたたずんでいる。


 

映画『米』撮影記念碑 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 各地の図書館などで定期開催されている0〜2歳児対象の「お話し会」が人気を集めている。気軽な外出先であると共に、子育てのヒントや絵本を介し子どもとの向き合い方も学べる図書館。司書らは「子育てに疲れたらいつでも遊びに来て」と積極的な参加を呼び掛けている。
  2. 日本では飛鳥時代の頃から記録が残り、明治時代に最盛期を迎えた養蜂。レンゲや菜の花畑の減少に加え輸入品の台頭で国内の生産量は減少しているが、「守谷みつばち夢プロジェクト」では30代から60代の市民ら20人が集まり、せわしなく働くミツバチを楽しく育て、「自然環境の指標」ともいわれるミツバチが教える地域環境の変化に耳を澄ませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 聞こえの相談会
  2. チアリーダー募集
  3. 6月10日と24日、筑波山パワースポット巡り参加者募集中
  4. アウトドア&スポーツブランドなど6社出店
  5. 客船クルーズ説明会
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩