茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 笠間市歴史民俗資料館(旧宍戸町役場庁舎)
茨城歴史散歩
[2008-01-11 up]

笠間市歴史民俗資料館(旧宍戸町役場庁舎) - 笠間市

かつての町役場は 宍戸藩ゆかりの地




江戸初期、松平頼雄を藩主に形成された宍戸藩の城下町跡に、2004年(平成16)国登録文化財に指定された笠間市歴史民俗資料館(旧宍戸町役場庁舎)がある。

外観は下見板張りの寄棟造り。御影石の重厚なエンタシス様式(中ほどから上部にかけて細い)の金庫室の柱など随所にモダンな雰囲気を感じさせる欧風の木造2階建て。旧宍戸町役場として1937年(昭和12)に建てられ、土地、建物を含む総工費はすべて町民の寄付によって賄われた。1階は考古資料、昔の農機具、筑波海軍航空隊の遺品、2階には蓄音機や昭和初期の自転車などが並んでいる。

合併で宍戸町は友部町になり、その後建物は公民館、消防署、1981年(昭和56)から歴史民俗資料館と用途を変え現在に至る。周辺に往時をしのぶ建物はないが、わずかに陣屋門だけが同市岩間地区に移築され保存されている。また、道を挟んだ宍戸小学校の校門には、かつての領主・松平氏の家紋「六角葵」がはめ込まれ、夕日に照らされると黒く威光を放つ。

Tel0296(77)8925/資料館


 

笠間市歴史民俗資料館(旧宍戸町役場庁舎) - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 各地の図書館などで定期開催されている0〜2歳児対象の「お話し会」が人気を集めている。気軽な外出先であると共に、子育てのヒントや絵本を介し子どもとの向き合い方も学べる図書館。司書らは「子育てに疲れたらいつでも遊びに来て」と積極的な参加を呼び掛けている。
  2. 日本では飛鳥時代の頃から記録が残り、明治時代に最盛期を迎えた養蜂。レンゲや菜の花畑の減少に加え輸入品の台頭で国内の生産量は減少しているが、「守谷みつばち夢プロジェクト」では30代から60代の市民ら20人が集まり、せわしなく働くミツバチを楽しく育て、「自然環境の指標」ともいわれるミツバチが教える地域環境の変化に耳を澄ませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 聞こえの相談会
  2. チアリーダー募集
  3. 6月10日と24日、筑波山パワースポット巡り参加者募集中
  4. アウトドア&スポーツブランドなど6社出店
  5. 客船クルーズ説明会
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩