茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 立木観音菩薩像
茨城歴史散歩
[2008-01-11 up]

立木観音菩薩像 - 石岡市

廃仏毀釈逃れた 一木造の観音様


八郷の峰寺山中腹、上曽峠の東に法相宗の徳一上人開祖の西光院がある。その本堂横の収蔵庫に静かに安置されているのが立木観音菩薩像。

菩薩像は、頭部に十一面観音、てっぺんに阿弥陀如来が乗っており、高さは5.97b。元々はふもとの立木山長谷寺高照院の敷地内にあった高さ30b、周囲6bの春楡(はるにれ)の木で、製作時は地面に生えたままだったが明治の廃仏毀釈(きしゃく)で長谷寺が廃寺となったのを機に、1909年(明治42)当時の芦穂村の村民が菩薩像を引き抜き、急な山道を西光院まで運んだという。

1961年(昭和36)に県指定有形文化財に認定された際、解体修理で背中の板を外したところ中から「千年近くの時が経ち痛みが激しいため修理する」という1737年(元文2)に書かれた墨書銘札が出てきた。その書から菩薩像は少なくとも奈良時代から平安時代のものと推定でき、作者は長谷寺の創立者でもある徳一の可能性が高いという。その穏やかな微笑みと「関東の清水寺」と呼ばれる本堂からの絶景が、疲れた心を癒やしてくれる。


 

立木観音菩薩像 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 各地の図書館などで定期開催されている0〜2歳児対象の「お話し会」が人気を集めている。気軽な外出先であると共に、子育てのヒントや絵本を介し子どもとの向き合い方も学べる図書館。司書らは「子育てに疲れたらいつでも遊びに来て」と積極的な参加を呼び掛けている。
  2. 日本では飛鳥時代の頃から記録が残り、明治時代に最盛期を迎えた養蜂。レンゲや菜の花畑の減少に加え輸入品の台頭で国内の生産量は減少しているが、「守谷みつばち夢プロジェクト」では30代から60代の市民ら20人が集まり、せわしなく働くミツバチを楽しく育て、「自然環境の指標」ともいわれるミツバチが教える地域環境の変化に耳を澄ませている。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 聞こえの相談会
  2. チアリーダー募集
  3. 6月10日と24日、筑波山パワースポット巡り参加者募集中
  4. アウトドア&スポーツブランドなど6社出店
  5. 客船クルーズ説明会
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩