茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 閑居山の百体磨崖仏
茨城歴史散歩
[2007-10-11 up]

閑居山の百体磨崖仏 - かすみがうら市

岩肌に彫られた 膨大な仏像群




県指定文化財・百体磨崖仏(百体観音)は、かすみがうら市中志筑にある閑居山の中腹、巨大な岩の壁面に彫られたおよそ百体の仏像。

かすみがうら市郷土資料館学芸員の千葉隆司さんによれば、磨崖仏には年号の記録がなく時代によって変わる像様(デザイン)にも特徴がないため、時代の特定が難しいという。だが彫られた仏像から大きく三つの時期に分けられる。初期と思われるのが地蔵菩薩(大1体、小32体)で、立像と台座に座ったものがあり、合掌もしくは両手で宝珠を持っている。中期は装飾の多さと頭部の二股が特徴的な観音菩薩(58体)。後期は弘法大師で左手に数珠、右手に五銛杵(ごこしょ)と呼ばれる武器から発達した仏具を持っている。

また、閑居山には弘法大師が開山したとされる志筑山惣持院願成寺があり、寺中興の僧・醍醐寺系の乗海(じょうかい)が磨崖仏を彫ったといわれている。崖の花崗岩を彫ったものとしては県南地方では非常に珍しく、西大寺(奈良)が本山の真言律宗の石工集団の影響が濃いという。頂上からの景色は茨城百景にも数えられ、遠く恋瀬川や霞ケ浦も見渡せる。


 

閑居山の百体磨崖仏 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 無病息災や豊作を願う小正月の火祭り・どんど焼きが、1月19日(土)つくば市小田の小田城跡歴史ひろばで行われる。
  2. 県内に散らばる約1200の方言を集めて解説するウェブサイトを軸に、執筆やラジオ、音楽活動など多彩な方法で茨城をPRしている青木智也さん。時代の流れと共に廃れたり変化していく方言を「楽しく生かす」活動は、今年で22年目を迎える。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 山水亭寄席「瀧川鯉朝独演会」
  2. YOSAKOIソーラン&大北海道ディナーバイキング
  3. 寿司職人の恵方巻き
  4. 茨城の郷土料理「しもつかれ」
  5. 1月26日「お墓の市民講座」
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩