茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 泪塚
茨城歴史散歩
[2007-10-11 up]

泪塚 - 利根町

鶴殺しの濡れ衣 無念の涙を供養


利根町の田園地帯の一角。その昔念仏院という寺があった場所に建つ泪塚(塚=墓)は布川地区に伝わる昔話「延宝の鶴殺し事件」に由来する。

延宝5年、布川の隣、押付村の鈴木太郎左衛門をはじめ一族3家族10人が幕府の鳥見役人(大名の鷹狩りのために住民の鳥捕獲を見回る)に捕らえられ処刑された。郷土史に詳しい芦原修二さんによれば発端は二つ。一つは太郎左衛門の娘・ゆきに結婚を迫った役人が、断られた腹いせに幕府により禁止されていた鶴捕獲の濡れ衣を着せたというもの。もう一つは同じく処刑された鈴木佐左衛門の妻・いとが労咳(肺結核)にかかり、鶴を食べさせれば回復すると村の住民が協力したというもの。さらに、与力や同心が鈴木忠兵衛宅に夜中踏み込み、祖母が小豆を抱えたまま追っ手に捕まり絶命したことから、以後同地ではいくら煮ても硬い石小豆しか取れなくなったという話も残っている。

塚は千日供養で、布川城主・豊島氏の家臣・香取源右門が同僚の鈴木一族との縁で建てたもので、戦国期からの縁の深さがうかがえる。源右門の銘の周りにはこの時期彼岸花が咲き、無念の死者の魂を慰めている。

Tel0297(68)4600/利根町民俗資料館


 

泪塚 - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 7月にオープンする県内初のエンターテインメントフィットネス「テトラフィット土浦店」の体験会が、6月28日(水)〜7月2日(日)、5日(水)、6日(木)に行われる。
  2. 全国的な出版不況の中、今春、女性一人の出版社がつくば市内に誕生した。高松夕佳さんが最初に手掛けた本は、発泡スチロール製の家を担ぎ東北から九州まで「移住を生活」した美術家・村上慧さんの日記。自分の目と足で社会をつぶさに観察した369日の記録の中に、高松さんは「今の日本を理解するヒントがあるかも」と話す。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. サマースクール&サマーキャンプ参加受け付け中
  2. 7月15日つくばで楽しい親子ラジオ製作会
  3. 7月23日「HIBINO CUP」参加者募集
  4. リビング◆クッキング
  5. 7月1日、常総でスタディツアー参加者募集中
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩