茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城歴史散歩 > 無量院のケヤキ
茨城歴史散歩
[2007-08-17 up]

無量院のケヤキ - 下妻市

鬼怒川の渡し場で 500年の歴史見つめ


この季節、旺盛な緑が青空に映える

その昔、鬼怒川の岸辺には渡し場が数多くあった。現在、下妻市となった同市皆葉にも同市宗道の河岸から渡し舟が着いていた。その川べりの土手から坂を下りると左手に巨木が見えてくる。高さ23・6メートル、幹周り6・4メートル、根本周囲7・4メートルの無量院の大ケヤキ。推定樹齢500年の市指定文化財。生活道路を挟んで奥には無量院の敷地が広がっている。

「一時期は樹勢がなくなってしまったんです」とケヤキの様子を見つめる住職の妻、鈴木直美さん。原因は砂利道を舗装してできた生活道路だという。鬼怒川土手が舗装され車の往来が激しくなり、木の周りを走る車に巨木の根が踏まれ続け傷んだ。「今は木材を置いて根っこが踏まれないように守っている状態です」。その効果もあってか「ここ数年でようやく樹勢も盛り返してきました」と鈴木さん。

ケヤキは下妻市と隣の常総市の境目にあり、周辺は鳥の鳴き声と葉のそよぎだけが聞こえてくる。文字通りひっそりとそびえ立ち、近所の人が時折散歩する姿を見下ろすように見守っている。

Tel 0296(43)4779/無量院


 

無量院のケヤキ - 地図

Loading...

歴史スポットマップに戻る
茨城歴史散歩のトップに戻る

 

Ads by Google

常陽リビングのTOPに戻る

 

注目の記事
  1. 7月にオープンする県内初のエンターテインメントフィットネス「テトラフィット土浦店」の体験会が、6月28日(水)〜7月2日(日)、5日(水)、6日(木)に行われる。
  2. 全国的な出版不況の中、今春、女性一人の出版社がつくば市内に誕生した。高松夕佳さんが最初に手掛けた本は、発泡スチロール製の家を担ぎ東北から九州まで「移住を生活」した美術家・村上慧さんの日記。自分の目と足で社会をつぶさに観察した369日の記録の中に、高松さんは「今の日本を理解するヒントがあるかも」と話す。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. サマースクール&サマーキャンプ参加受け付け中
  2. 7月15日つくばで楽しい親子ラジオ製作会
  3. 7月23日「HIBINO CUP」参加者募集
  4. リビング◆クッキング
  5. 7月1日、常総でスタディツアー参加者募集中
「常陽リビングニュース」アクセス上位記事
茨城歴史散歩