会社案内地図サイトマップ
最新の茨城県地域情報はこちら
茨城県地域情報紙「常陽リビング(フリーペーパー)」媒体案内

現在位置 : 常陽リビング社トップ > フリーペーパー > 入稿手順(広告代理店向)

入稿手順(広告代理店向け)

常陽リビング紙掲載 広告版下データ 入稿について

2012年6月1日改定

広告データの入稿方法

  1. 20MB以下のデータについては、「Eメール添付」によるご入稿を受け付けております。版下データ受付専用メールアドレスにデータを添付してご送信ください。
    ※ データを送られる場合は、事前に営業担当者までご連絡をお願い致します(送り先が別アドレスになる場合がございます)。
    ※ ZIP形式でファイル圧縮してください(StuffItでも可)。
    ※ 20MBを超える場合は各種ファイル転送サービスをご利用ください。
     
  2. CD-Rなどのメディア入稿(宅配便、郵送)の場合は、データの原寸プリントアウトを添付願います。
    また、プリントの余白に申し込み名称、掲載日、サイズ、色、お使いのアプリ等ご記入いただくか、当社の出力依頼書を添付してください。
    専用出力依頼書は、当社営業担当者からお受け取りいただくか、下記のPDFファイルをダウンロードしてご使用下さい。

    出力依頼書
    DOWNLOAD ダウンロードする。PDF形式 ( 336 KB )


 

当社制作環境


当社制作環境
使用OS
 
Macintosh OSX 10.7.3
使用ソフトウェア 版下制作 / Adobe Illustrator CS5まで対応
画像処理 / Adobe Photoshop CS5まで対応
  
※お使いのアプリケーションのバージョンのまま保存して下さい。
※ExcelやWord、PowerPointのデータには対応しておりません。
※最終組版データは、Adobe InDesign CS5.5にて制作しております。

Copyright (c) 2004 Joyoliving All rights reserved.

モノクロ(K)・2C(MK)・4C(CMYK)共通 (*スクリーン線数/133線 *2012年7月以降)

枠サイズ 外枠ケイを太く取る場合は内側に増やしてください。線幅1pt以内であればそのままでもかまいません。トリムマークは不要です。
 
画像(実データ) 画像(実データ)モードはCMYKモードに指定願います。
※ RGB不可、解像度は原寸(100%)で300〜350ppi。
※ 縮小画像は原寸にリサイズしていただけるとデータが軽くなります。
※ Photoshop EPSのエンコーディングはJPEG-最高画質(低圧縮)。
※ 画像を埋め込んだ場合も元画像の同時入稿推奨です(エラー時に対応)。
※ 上記条件は4Cの場合。モノクロ・2Cは下記を参照願います。
 
フォント 全てアウトライン化願います。
※ Photoshopで入稿の場合、フォントをラスタライズしてください。
 
保存時のご注意 □ 枠サイズは確認されましたか?
□ フォント検索でアウトライン済の確認はされましたか?
□ 特色はCMYKに変換されていますか?
□ すべてのレイヤーが結合されていますか?
□ 余分なポイント、ガイド、未使用スウォッチは削除済みですか?
□ 必要であればオーバープリント(スミ100%ノセ)を設定願います。
※ しない場合はすべてヌキアワセになります。
□ オーバープリントプレビューで属性エラー(白ヌキ文字が消える等)の確認はされましたか?
 
保存形式 保存形式は「.eps」にて設定願います。
※ プリセットは高解像度〜カスタムに設定願います。
※ 配置画像がある場合は、「配置した画像を含む」にチェック願います。
 
入稿データ
  • ファイル名.eps/配置画像all
    ※埋め込みの場合はできればでOK
  • 確認用.pdf または 確認用.jpg
    ※余白に申し込み名称、掲載日、サイズ、色、お使いのアプリ等ご記入ください

モノクロ(K)・2C(MK)の注意点

  • 枠サイズのバック全面にM100%、K100%は使用できません(全体に対して3分の2以下ならば可)。
  • 2CデータでのM+K混色は可能ですが、新聞印刷のため狙った通りの効果にならない場合があります。
  • 画像(実データ)は通常グレースケールで保存し、配置してください。
    ※2Cデータで、画像をM(またはM+Kのダブルトーン)で表現したい場合は、CMYKのチャンネルのM(またはMとK)のみ残し、C・Y版はデータが何も無い状態にしてください(C・Yのチャンネル自体は残してください)。
    ※上記以外の方法でも、画像の色がM・KのみになっていればOKです。

その他のご注意

  • QRコードの黒部分はK100%に指定願います。
    ※上下左右に読み取れる程度の余白(印刷では白地推奨)を必ずつけてください。
  • 4C印刷で、効果としてリッチブラックを使いたい場合、CMYK総量は250%以下にしてください。
  • 最新のAdobe Illustrator CS6をお使いの場合は当社で直接ファイルを開いて確認することができないおそれがあります。
    CS5に落としていただくか、開かずにInDesignに配置できる〈完全データ・EPS形式〉で入稿してください。
不明点・疑問点はお気軽にお問い合わせ下さい。

広告版下データ 入稿についてご不明な点がございましたら、常陽リビング制作室までお気軽にお問い合せください。

電話 : 029-824-7111
E-Mail :

 

記事広告制作上のお願い

記事広告については「基本フォーマット」がありますので、ご面倒ですが下記の要項にて制作をお願いいたします。ご不明点・疑問点はお気軽にお問い合わせ下さい。

記事広告の体裁

基本スタイル

1行 13文字 (天地 31mm)
1段 55行 (左右 238mm)
※ 2段半の場合は、1段半当たり27行 (左右 116mm)
段間  3mm  行間 1mm

本文文字の食い込み割り付けは可能です。 1行文字数や行間、段間の変更、段違い割り付けなどは出来ません。

【Adobe Illustratorの設定】

本文書体: モリサワ「リュウミンR-KL」または、ダイナフォント明朝W3
記事の文章中にゴシック体を使うのはご遠慮下さい。
※上記のフォントが無い場合は、出来るだけ似た書体でお願いします。
※外字フォントはビブロス明朝R外字を基本にしています。
 
サイズ: 10pt(平体 天地68%×左右100%)
※1行目左インデント−7  ※詰めチェック
 

本文記事行数について

広告サイズの約30%以上を本文記事行数に当ててください。
 例:2段半 15行以上
   3段半 24行以上
   4段半 32行以上

見出しについて

見出し: 縦見出しと横見出しの2種類を基本とします。
 
見出し部分の行数(スペース): 最低6行〜最高27行
 
位 置:

< 2段半の場合 >
見出しを配置する場所は1カ所(ゴシック体のベタ小見出しは複数可)
縦見出し 右側または中央
横見出し 上段右側または上段中央

< 3段半・4段半の場合 >
見出しを配置する場所は2カ所まで (縦横の組み合わせ可)
縦見出し位置 右側または中央
横見出し位置 上段右側または上段中央

< 5段半以上の場合 >
本文行数が40行以上(スペースの概ね30%以上)あれば、見出し位置・見出し部分の行数、レイアウトは自由です。
 

書 体: ゴシック系・明朝系・丸ゴ系の書体を基本的に使用して下さい。
 
装飾文字: 見出し文字に華美な装飾をかけることはご遠慮下さい。但し、白抜き文字・地紋・網掛け、袋文字 など、一般新聞で行われている装飾は可能です。
(見出しスペース全てを白抜きにするなどはご遠慮ください)

地図・表 (2段半の場合は1点まで、概ね1段に対して1点まで)

サイズ: 天地30mm×左右40mmが基本サイズになります。
最小サイズ(天地15mm×左右25mm)最大サイズは自由ですが、広告サイズに応じ違和感のない大きさでお願いします。
 

写真・イラスト (2段半の場合は1点まで、概ね1段半に対して1点まで)

サイズ: 天地30mm×左右40mmが基本サイズになります。
最小サイズ(天地15mm×左右25mm)
最大サイズは自由ですが、広告サイズに応じ違和感のない大きさでお願いします。
 

ロゴ(社名・商品・シンボルマークなど)の使用

見出しスペース及び社名・住所・問い合わせスペースに使用可能です。


本文記事部分のバックの処理について

1色・2色の場合は、本文文字のバックに網を入れることはできません。4色の場合は、本文文字のバックに淡い色を入れることは可能です。

記事広告の版下・データ入稿について

  • 版下またはデータ入稿をいただく前に、広告内容と広告スタイルの確認を行っておりますので、ご協力をお願いいたします。
  • 基本フォーマットと大きく異なったレイアウトの場合は外枠に囲み罫を入れて記事下広告扱いとする場合があります。

弊社に制作を発注する場合は、レイアウトと素材(記事のテキストデータ・写真・地図・ロゴなど)の提供をお願いいたします。なお、版下制作料が別途かかりますので予めご了承下さい。

 

 

会社案内
記事検索

PDF(Adobe Acrobat形式)の文書を見るには、Adobe Readerが必要です。アドビシステムズ社より無償で配布されていますのでダウンロードしてご覧ください。

Get Acrobat Reader

当社事業・発行媒体