茨城グルメ情報誌「この店とまれ」
一面記事
イベント記事
グルメ記事
ショッピング記事
美容記事
ハウジング記事
バックナンバー
現在位置 : トップ > 茨城県のイベント情報 > 相続税計算と老朽建物対策セミナー

茨城県のイベント情報


[ 土浦市 ]

相続税計算と老朽建物対策セミナー


2019年4月21日(日)

講師を務める和田政彦さん
講師を務める和田政彦さん

相続税の基礎や、相続した賃貸住宅や空き家などの活用法に不安を感じている人向けのセミナーが開かれる。4月19日(金)つくば会場(つくば研究支援センター)、21日(日)土浦会場(常陽リビング社)の2日間で、両日とも午後2時開始(受け付け1時半)。主催/ブルーボックス、協力/常陽リビング社。参加無料、予約制。

守谷市に税理士事務所を構える和田政彦さんがつくば会場では相続について「基礎から相続税計算」を、土浦会場では老朽化建物を活用した「相続税対策」について実例を交え解説。個別相談にも無料対応する(各日4組)。

「茨城県南エリアで実際にあった相続の事例や、ほかでは聞けない『相続解決法』などもお話しいただく予定です。ぜひご参加を」と主催者。

希望者は電話かファクス、メールに氏名、住所、電話番号、希望日、人数を明記して常陽リビング社まで申し込む。

常陽リビング社/[TEL] 029(824)7111、[FAX] 029(824)8443

■問い合わせ
[Freedial] 0120(31)4898/ブルーボックス(午前9時半〜午後6時半、水曜定休)

* 問い合わせの際は「常陽リビングのホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。



前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

前後のイベント
美術展・企画展など長期間開催のイベントは、施設休館日でもカレンダー上に表示されております。あらかじめご了承ください。
4月18日(木)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)
4月22日(月)
4月23日(火)
4月24日(水)

 

Ads by Google


「常陽リビングニュース」アクセスランキング [ 2019-05-27更新 ]
  1. 関東最大級の広さを誇るつちうら古書倶楽部の第15回古本まつりが、6月1日(土)〜9日(日)まで開かれる。
  2. 学生55人によるアート展が、老朽化で使われなくなった学生宿舎・筑波大学平砂宿舎9号棟で6月2日(日)まで開かれている。
  3. 居住者の感性を豊かに育む「感成住宅」で知られるBeハウスによる「2邸同時完成見学会」が、6月1日(土)と2日(日)守谷市で開かれる。
  4. 津軽三味線を気軽に体験できる教室が、6月からつくばで開かれる。
  5. 令和への改元に便乗し、通帳やキャッシュカードをだまし取る「ニセ電話詐欺」が県南エリアでも発生している。土浦市とかすみがうら市は、昨秋県内初となる「ニセ電話詐欺撲滅宣言都市」活動を開始。県警は金融機関や市民などと連携し、被害防止の取り組みを進めている。
  6. 霞ケ浦最大の高速客船ジェットホイルつくば号で行く「潮来あやめ祭り定期船コース」が、6月1日(土)から計8回行われる。
  7. 米粉使用のバウムクーヘン専門店「LA VORO」がこのほどオープンした。
  8. 「茨城県中高生ダンスサミット第1回大会」が6月1日(土)と2日(日)ノバホールで開かれる。
  9. つくばみらい市伊奈東地区の住民らが地域交流の場として企画した「ほっこりサロン&子ども食堂」がこのほどオープンし、世代を超えた交流を楽しんでいる。
  10. 焼かりんとうで知られる「花小路つくば店」が、このほどつくば市吾妻に移転オープンした。
前のページに戻る
イベント情報のトップに戻る

 

注目の記事
  1. 学生55人によるアート展が、老朽化で使われなくなった学生宿舎・筑波大学平砂宿舎9号棟で6月2日(日)まで開かれている。
  2. 霞ケ浦最大の高速客船ジェットホイルつくば号で行く「潮来あやめ祭り定期船コース」が、6月1日(土)から計8回行われる。
「常陽リビングニュース」最新記事
  1. 2邸同時完成見学会
  2. 津軽三味線の体験教室
  3. 「令和」改元で便乗ニセ電話詐欺にご用心
  4. 6月1日〜9日、土浦で古本まつり
  5. 5月30日から「はぎれ市」
掲載案内